MENU

メンバー-member-

メンバー

クライアントさんの為に、メンバー選びもHereのこだわりです。
池尻さんの演奏は上手なのは当然ですが、彼女が奏でる音色が温かく、私の心に響いたこと。
菊池先生は物腰が優しく、クライアントさんの悩みに目線を合わせ寄り添うスタンスで対応されていること。
お二人と一緒に活動することで多くの方の心を癒せるのではないかと思い協力をお願いしました。

セラピスト 行寿久恵

代表 行寿 久恵Hisae Gyouju-セラピスト-

3月17日生まれ 千葉県出身
品川女子学院卒業
日本体育大学卒業

ヒーリング団体 Here 代表
ヒーリング∞アロマケアサロンEmu 代表

[保有資格]
・養護教諭1種免許 ・幼稚園教諭免許 ・衛生管理者
・労務管理士 ・日本エステティック協会認定エステティシャン

養護教諭、モダンバレエ指導、美容部員経験を経て、肌・心・体のホリスティックケアを学び、またホスピタリティが人の心に与える影響を考える。
私の大学の友人男性が若くして、ストレスによる突然死。私の家族も前触れなく心筋梗塞で倒れる。
それを機に、ストレスによる心身の健康被害、突然死を防ぎたいと思い独立を決意。
2018年ホスピタリティ高いヒーリングマッサージサロンとして、ヒーリング∞アロマケアサロンEmuを立ち上げる。

【Hera設立について】
昨年は相次いで芸能人が自殺し、若い世代の自殺。今、新型コロナウィルス感染以上に、いじめ・DV・虐待が増えているのをご存知でしょうか。
皆さんの大切な人がもし、突然一線を越えてしまったら(+_+)💦

現在、投薬療法・電話相談☎等の専門機関は沢山ございますが、私は心が疲れた方を人のぬくもりで、五感から未病・自殺防止対策出来ないかと考え、友人のピアニスト・行政書士のお二人に提案し、4月Hereを立ち上げました。
私は『手当て』を理念としています。考え方はそれぞれですが、機器や録音では気♥は伝わらないと思っています。
Hereは今後、SDGsにも関係する活動を全国に笑顔の波動を広げていきたいと思っています。

ピアニスト 池尻英里子

池尻 英里子Eriko Ikejiri-ピアニスト-

5月11日生まれ 大阪府出身

大阪夕陽丘学園高等学校音楽コース卒業
大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業
LLC.ambitious 執行役員
元公立中学校非常勤講師
高槻音楽家協会会員
音楽コンサルタント

大阪夕陽丘学園高等学校音楽コース卒業。大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
在学時、ドイツリート伴奏研究クラス在籍。現在、ピアノソロをはじめピアノデュオや声楽、管楽器とのアンサンブルで多数の演奏会、コンクール、講習会等に出演し幅広くピアニストとして活動中。企業コラボなど、社会的繋がりを持ち音楽活動の視野を広げている。

2020年6月LLC.ambitious設立に携わり、執行役員を掛け持つ。音楽コンサルティング、出張レッスン講師、元公立中学校非常勤講師、高槻音楽家協会会員。 トリオ『ダリアエレガンテ』所属。


【Hereへの想い】
音楽は癒しだと何となくイメージとして定着していますが、それはなぜか?と思うことがあり、音大在学中に音楽療法を履修し音楽療法プログラムを取得するも活かす機会があまりありませんでした。その矢先、Here代表になる行寿と出逢うのです。それから理念や叶えたい
Visionに感銘を受け今に至ります。私の役割は、ピアノ演奏を通してまだ見ぬ誰かへ心の助かり・癒しのために演奏することです。そして音楽家ならではの繊細かつ物事を継続する力、調和力、発想力の3つの強みを活かして第3のお友達(皆様)へ元ある心の在りようにかえるお手伝いがHereの一員として寄り添い、後押ししたいと強く思います。

行政書士 菊池和夫

菊池 和夫Kazuo Kikuchi-行政書士-

8月30日生まれ 京都府出身
おとめ座 A型

行政書士菊池和夫法務事務所 代表
女性専用SOS相談室  室長
全国相続協会 相続支援センター 京都支部 代表
動物の法と政策研究会 研究員
株式会社京都未来創造研究所 取締役

【Hereへの想い】
京都で行政書士事務所を開設し、その後、女性からの相談事が多かったため、女性専用SOS相談室を新たに開設しました。

このSOS相談室へのご相談者様は、日本全国からのお問い合わせが多いです。
ご相談内容も、多岐にわたりますが、注視しないといけないのが、人生に疲れて、自殺をしたいと訴えられる方が、本当に多くおられます。
特に、昨年のコロナ禍から、急に増えました。女性SOS相談室としましての対応は、遠方の方には、お電話で、2~3時間、じっくり、お話を聞いて、明日(あした)を歩んでいただけるように、説得して、自ら、命を絶つ行動を抑制しておりますが、お話だけでしか、対応が出来ないことに、ジレンマも感じておりました。

それに推移して、2020年度の自殺者が、11年ぶりに増加し、21,081人の方が、命を絶たれています。

この現状を、打破するため、自分なりに、何か、出来ることは無いかと模索していた際に、Here代表の行寿より、お声をかけて頂き、菊池が対応してきた相談だけでなく、ピアニストの奏でる音楽を聴きながら、ハンドマッサージにてセラピーも兼ねたエステをおこなうという、このコンセプトに非常に、惹かれ、お仲間に入らせて頂きました。 このように異業種のメンバーが、五感を通じて、心で苦しんでいる方々をお救いするための、取り組みは、全国的にも珍しいと思いますし、自画自賛になりますが、わたくしたちHereだからこそ、出来ることだと思います。 どうぞ、皆様。お心が、疲れたなとお思いになられましたら、Hereをご利用くださいませ。

PAGE TOP